手刺し防具の1.5分刺しや2分刺しってどんな意味?

手差し防具防具を購入する時に目にする、
1.5分刺し」や「2分刺し」というのは、手刺し刺し幅の大きさの事を言います。
手刺しには3分、2.5分、2分、1.5分、1.2分、1分8厘刺しがあり、一般的に刺し目が小さくなるほど薄く硬くなります。およそ1分で3mm、1.2分で3.6mm、1.5分で4.5mmの間隔です。

一番よく使われているものは、
2.5分や2分刺しです。刺し目が粗い分厚みがあるので、衝撃吸収力に優れていますし、柔らかいので体に馴染みやすいと言えましょう。
ただ、刺し目が粗いと見た目が美しくないというのが、一般的な意見です。
その為、経験を積まれた方は1分、1分8厘刺しなどの小さい刺し目を好まれるようです

もちろん刺し目が小さいほど、
作るのに技術と手間隙がかかります。その為価格も高価になっていきます。
薄く仕上げ、なお衝撃吸収力を高めるために、詰め物の質と量、刺しの強さが重要となり、その仕上がりが良いほど高価になるというわけです。



【高級】手刺し剣道防具セット

手差し剣道防具セット

【高級】手刺し剣道防具セット
(1.5分手刺し/面布団ナナメ刺し/曙光入り)

●こだわりのベテラン剣士に 自信を持ってオススメする手刺し防具
価格 \119,800
製品仕様 軽合金14本面金・アゴ人工皮革曙光入五段手飾・人工皮革仕立・面布団斜刺・袋縫
曙光入手飾返し縁胸・二本足・強化樹脂50本型黒胴・革綴じ
甲手 人工皮革奴仕立・手の内茶・二段手飾
人工皮革仕立・ジャバラ入・五段手飾・棒刺・角皮付
対応サイズ 頭タテ周りサイズ 62〜71cm
垂を付けた後のウエスト 65〜98cm
甲手 手のひらタテ長さサイズ 18〜22cm
ウエストサイズ 60〜95cm
●こんなあなたにお勧めします
『1度は手刺防具を使用してみたい・・』 『剣道防具にはトコトンこだわりたい・・』 『昇段審査には、剣道防具を新調して臨みたい』
●こだわりのベテラン剣士に自信を持ってオススメする手刺し防具です。